弁護士費用

  • 一応の目安に過ぎません。弁護士費用は事件ごとに異なります。詳しくは見積書を元に説明いたします。
  • 収入が一定額以下の方を対象に、法テラス(日本司法支援センター)が弁護士費用をいったん立て替え、その後、無利息で分割払いする制度(民事法律扶助制度)があります。詳しくはお問い合わせください。
  • 交通事故に遭われた方で、弁護士費用特約を付けておられる方は、弁護士費用が保険会社から支払われ、実質的な負担額が発生しない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

法律相談料

30分3000円(税別)
 <以降、10分1000円(税別)>

交通事故、労働問題(労働者側)、インターネットトラブルに関する法律相談は初回無料。

主な弁護士費用の目安

各事件ごとに異なるため、下記を目安としてお考えください。

弁護士費用の種類

着手金
結果にかかわらず弁護士が手続を進めるために着手時に支払う、いわばファイトマネーです。
なお、報酬金とは別で、手付でも内金でもありません。

報酬金
結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬のことです。
したがって、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。

手数料
契約書作成、遺言書作成、遺言執行など、1回程度の手続で完了するときのものです。

実費
収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金などです。
事件受任の際、見込み実費を預からせていただきます。


電話でのお問い合わせはこちらまで
0869-22-5570
(平日:午前10時~午後6時 土曜:午前10時~午後4時)