弁護士業務

弁護士業務 · 2020/10/13
<事実関係>  東京都板橋区に住む男性は2013年9月、自宅マンションで熱中症になって救急搬送され、数か月間、入院した。男性には年金収入があったが、認知症が進んでおり会話が成り立たず、医療費を支払うことができなかった。  板橋区は職権で生活保護の開始決定を行い、医療扶助約490万円を支払った(医療費10割負担)。...
弁護士業務 · 2020/10/12
 乳幼児揺さぶられ症候群(Shaken Baby Syndrome, SBS)をめぐって、傷害罪や傷害致死罪で起訴された母親らに対する無罪判決が相次いでいる。  大阪高裁での2件の逆転無罪判決(2019.10.25,2020.2.6)のほか、最近では9月25日、岐阜地裁でも無罪判決が言い渡された。有罪率が99%を超える日本の刑事司法において、極めて異例の事態である。...
弁護士業務 · 2020/10/09
 フランス最高裁(破棄院)は2020年3月4日、ウーバー社と同社の運転手に雇用関係があると認める判決を下した。...